福井県

福井県福井市の人妻出会い体験談

「福井県福井市在住I.Yさん(39歳)」

人妻出会い系サイトを見ていると、20代の半ばと30代後半の人妻が
出会いを求めているのが目立つように感じるのは、わたしだけだろうか。

子どもを産む前にいろいろとエッチを経験しておきたい20代のはじめと、
育児が進んで亭主が子どもを大事にしだして、
連れ添っている女房とのセックスが疎遠になりだす30代後半の人妻。
しかし、人妻は女盛りだからセックスレスの毎日が続くとイライラしてくる。
わたしは勝手にそう思っている。

けれども人妻出会い系サイトでのこうした人妻との出会いは、
最初からあからさまにセックスの話はしないほうがいいみたいだ。
まず、メールのやりとりでお互いの信頼関係がある程度できると、
まだ会っていないのに、セックスをしたような気になるようなこともある。

明美さんはわたしより2歳年下の37歳で小学1年生の男の子がいるが、
すっかりパパっ子なのだそうだ。
日曜日には朝早くから親子で釣りに行ってしまい、夕方遅くにならないと帰って来ないから、
その間に会いましょうとメールで決めた。
明美さんはわたしと同じくらいの身長で、体型はすらりとしていて、
お尻も張りがあるから黒のタイトスカートが良く似合っていた。
待ち合わせ場所からわたしの部屋へ行く間、少し後ろから見ると、
丸くて少し横に大きいお尻と腰の振れ具合が期待を持たせた。
もうすぐ、あのお尻をかかえてバックから思いっきりチ●ポを突っ込んで、
しごけるんだと考えただけでズボンの前がふくらんできた。
待て、待て、もう少しの辛抱だとチ●ポに言い聞かせて、やっとマンション3階の部屋へ入った。

部屋へ入ったとたん、もうチ●ポがガマンできないと言うから、
服を着たままの明美さんをベッドに押し倒して、スカートを捲り上げた。
黒色のショーツを剥ぎ取ると、明美さんは「せっかちねえ」と笑うが、それどころじゃない。
しばらくオマ●コとご無沙汰していたから、股に顔を入れてアソコ一帯をなめまくり、
アナが濡れてきたところでチ●ポを挿入したら、あっという間に大量の精液を射精してしまった。
「さあ、これからは明美さんの番だ」と、バックから攻めまくり、射精。
また上になってピストン運動を繰り返して明美さんも満足した。

アドセンス