福島県

福島県郡山市の人妻出会い体験談

「福島県郡山市在住S.Oさん(42歳)」

出会い系サイトで知合った人妻の瞳さんとは、
最初は趣味のスポーツについてのメールのやりとりだった。
そのうちにテレビで見ていたフィギュアスケートの話題になって、
ぼくが「あの片足を高く上げて回転するときにどうしても視線がアソコにいってしまう」
と書いたら意外な反応があった。
「ワタシももとフィギュアスケートをやったことがあるわ。
あれって滑っている選手は一生懸命なんですよ。でもそう言われればそうかもね」
という返事がきたから、一押ししてみたら、今度あの時のアソコを見せてあげてもいい、
ということになったから願ったり叶ったりで1回拝ませてもらうことに成功した。

あの体位は股を精一杯開いているのだから当然オマ●コは逆に締まっているはずだ。
いや、そうでもないのかなと瞳さんとあう日を楽しみにしていた。
マックで落ち合っていざぼくの部屋へ。
部屋で抱き合った瞳さんは同年の42歳とのことだったが、体はすごく柔らかい。
着ている服を脱がせたら、下にフィギュアスケートの衣裳みたいなパンツをはいていた。

瞳さんは部屋の隅で右足を高くあげて「ほらここでしょ」とアソコを指差した。
目の前に選手のアソコがあるような気になったらチ●ポがあっという間に勃起して、
パンツがパンパンになった。
「ああ、たまらない」とぼくは瞳さんのパンツを力任せに下げたら黒い茂みが出てきた。
瞳さんはパンツを脱いだ状態でまたポーズをとってくれたから、
アソコの穴に指を差し込んでみたらキュッと締まっている。

そのままぼくたちは寝床に倒れ込んで、ぼくは瞳さんのオマ●コの全部をなめつくした。
太ももの付け根がくびれているからオマ●コが丸見えで、やりたい気持ちが一杯になった。
向かい合ってアソコにチ●ポを挿入すると、
瞳さんが腰を前後に動かすから女性リードのピストン運動になった。
内部の壁のミミズが沢山いるようで、チ●ポが気持ちイイ。
瞳さんの大きめで丸いオッパイが腰の上下でユサユサと揺れる。
ミミズが締まったり緩くなったりするからこちらはたまらなく気持ちがイイ。
そのまま瞳さんを押し倒してチ●ポを思いっきりオマ●コの奥まで差し込んだら
ガマンもそこまでで、精液がオマ●コ中にほとばしった。

アドセンス