岩手県

岩手県一関市の人妻出会い体験談

「岩手県一関市在住T.Kさん(25歳)」

ぼくは年下の女の子や同年齢の女性には興味がない。
セックスをするのは年増の人妻がいい。
年上の人妻は色々なエッチ体験をしている人が多いから、
ぼくが気持ちよくなるようにリードしてくれるし、
アソコもたっぷり女になっている。

出会い系サイトで年下の男性とヤリタイという人妻はかなりいるから、
最近ぼくは人妻オマ●コに不自由していない。
昨日も出会い系サイトで42歳の人妻と知り合って、早速ご馳走になった。
昼御飯をデパートの食堂で食べることにして、
ステーキで腹一杯にしてから家に連れてきた。
一軒家だけど住んでいるのはぼくだけだから、誰にも気兼ねする必要はない。
42歳だというのに人妻の玲子さんはまだ30をちょっと出たばかりに見える。
顔は面長でなかなかの美人だ。
茶色のスラックスのワレメあたりがこんもりしている。
白いブラウスの二つのふくらみもピチピチしたオッパイを思わせる。

家でヒルマンをする前にシャワーを浴びた。
お湯を浴びながらオッパイを石鹸でツルツルもむと気持よさそうな声を出した。
次にワレメをシャンプーで軽く洗うと、大陰唇、小陰唇、クリストスが硬くなってきて、
「イイ、イイ、キモチイイ」の連発。
タオルで体を拭くのももどかしく敷いてある布団にぼくが横になると、
玲子さんは上に乗ってカチカチになったぼくのチ●ポをアソコに導いた。
チ●ポがブスリ、ツルッとオマ●コに吸い込まれたら、
玲子さんは時計まわりに動きながら腰を上げたり下げたりしだした。
オマ●コが上へ行ったり下に来たりするたびに、
なかのミミズがサオ全体を刺激するからチ●ポはますます充血して硬くなり、
すごく気持ちいい。頭のてっぺんがツンツンする。
玲子さんはチ●ポをオマ●コの奥深くまで差し込んだまま、
腰を動かしたから頭のてっぺんに電気が走るようなキモチ良さがきて、
思わずたっぷり射精してしまった。

そこで一旦サオを抜いて、今度は玲子さんが下になり、
ワレメをティッシュで拭いてからオマ●コをしゃぶった。
じわじわと出てくるオツユを飲み込んで、両方の股を肩車して、
また硬くなったサオを突っ込んで抜き差しして、連続3回射精。
4回のヒルマンで、あとは夜の楽しみにしてひと寝入りした。

アドセンス