埼玉県

埼玉県さいたま市の人妻出会い体験談

「埼玉県さいたま市在住Y.Kさん(33歳)」

ぼくは人妻出会い系のサイトでのオマンジュウハントが大好き。
女の人のアソコをぼくはオマンジュウと言うことにしている。
以前ハメまくった人妻の言葉だ。

出会い系サイトでは毎日新しいオマンジュウが出てくるから目移りしてしまう。
サイトランキングも参考になる。
この前は「いつでもエッチしたいです」という38歳の写真つき人妻のコメントが目についた。
景子さんという人妻の詳細を見ると身長、体重、3サイズ、血液型などが書いてある。
メールで丁寧に自己紹介をして、お付き合いをしたいと書いたらすぐに返信が来た。
そのメールには、あなたの血液型と星座は?とあるから教えたら、
血液型が旦那と同じだから近いうちにお会いしてもいいと言う。
なぜ血液型にこだわるのか聞いてみたら、もし子どもができた
時旦那と同じなら疑われないからだとのこと。

それともうひとつの理由は43歳になる旦那と適度にセックスはしているが、
どうしても妊娠しないとのこと。医者にも相談したが不妊症ではない。
旦那の精子が少ないのが原因ではないかと言われたらしい。
子どもがひとり欲しいからエッチして妊娠してもいいけれど、
そのために血液型が気になるのだそうだ。

学歴や家庭状況などを聞いてきたのもエッチの相手選びの条件調査だった。
早い話がタネウマ探しなのだ。今度の週末に旦那が2日間の人間ドックで定期検査をするから、
それを利用して会うことにした。景子さんも丁度妊娠しやすい周期のようだと言う。
土曜日だとぼくも都合がいいから、会うことにした。

午後3時に現れた景子さんを、きれいに掃除してある部屋へ連れて行くと
「想像していた通りね」と景子さんはベッドで横になった。
ブラウス、ブラジャーを脱がして、まず乳房をもみながら、ショーツをめくると、
こんもりとしたオマンジュウの丘がぼくのイチモツを待ち受けている。
景子さんがぼくのイチモツをフェラしている間ぼくはクンニでたっぷりヤル気が高まったので挿入。
グイグイとチ●ポでヒダをしごき、精液をたっぷりオマンジュの奥へ射精して、
また勃起したところで今度は体位を変えてバック攻めで射精。
ぼくの精子が役にたつかどうかは神のみぞ知る。

アドセンス